1. TOP
  2. 導入事例
  3. アイティープロデュース様

お客様のご意見、ご感想のご紹介!

Company Profile  〜  会社概要

会社名

株式会社アイティープロデュース

設立

2007年4月

資本金

1,000万円

代表者

代表取締役  糸原 賢二

社員数

30名

事業内容

・コンピューターのソフトウェア開発及び販売
・コンピューターのソフトウエア・ハードウエアに関する派遣及び技術サポート業務
・コンピューターのソフトウエア・ハードウエア関連の企画、開発設計、販売及び輸出入
・経営及び労務に関するコンサルティング業務

URL

http://www.it-prod.co.jp

アイティープロデュース アイティープロデュース アイティープロデュース

Interview  〜  インタビュー

Q.1 「事務SOL」導入前の課題は?

営業資料、社員管理資料など別々の電子ファイルで管理しており、
給与関連はパッケージソフトを使用していたため、それぞれのデータの連携が取れていなかった。
社内においても、事務、経理、営業、管理部がそれぞれ持っているデータをその都度集計するなど、
不合理な社内処理で数年運営していて今後のデータ取りまとめに不安があった。
特にキャッシュの入出金管理については、ほぼ毎日の確認が必要で、金額違いなどが発生した場合は
原因究明に時間がかかり、相手先にご迷惑をお掛けする事があった。
トラブルを防ぐためにそれぞれのデータ管理をしっかりする必要があり、その労力や時間は相当数であった。


Q.2 「事務SOL」導入の決め手は?

導入時に会社情報や社員情報、顧客情報を丁寧に入力する手間はあるが、
一度入力をすれば半永久的に貴重な情報を確保でき、その時点から将来に渡り一連の情報管理ができると認識したため導入した。
特に給与に関しては他社パッケージとそん色ない機能を備えており、本システムにて
入出金やキャッシュ管理までできることから、導入することにより大きなメリットがあると結論づけた。
また、当業界に特化しているシステムのため、機能に無駄がなく全ての機能を有効に使用できること、 社内の体制に合ったそれぞれの役割担当者が責任範囲を明確にでき、責任範囲内でデータ管理を行う事ができるため社内担当者の意識向上にもなると考え決定した。


Q.3 「事務SOL」を導入したことで社内の業務フローなどの体制に変化はありましたか?

業務フローが当業界に特化しているソフトであるため、社内の体制になんら変更はなかった。
導入後使用して分かったが、業務フローに合わせ入力や管理を行うため、担当者自身の業務把握が
さらに深まっている。
また、4カ月使用した結果、担当者それぞれがやるべき仕事を遅延なく行う事で
社内全体の作業が円滑化している。


Q.4 「事務SOL」の使い勝手は如何ですか?

まず、導入当初に感じた事は、システム全体のデザインがシンプルで好印象を持った。
使い始めて感じたのは、当初のデザイン印象と同様で使用感が非常にシンプルで直感的に
システム全体を使える事に驚きを感じた。
システムの根幹となる基本思想はきちんと守られているが、使用担当者による必要部分の修正が
随所にでき、日常業務で息詰まる事のない設計がなされていて、修正することで矛盾のおきない
システムになっているところに「事務SOL」の本質がうかがえる。


Q.5 最後に感想をお願いいたします。

上記までにほぼ意見は記載したが、 さすがに業界に特化している会社が製作しているだけあって非常に使い勝手が良い。
“最高のシステムを提供すること”を使命と考える弊社は、シンプルで直感的に使えるソフトを 目標にしているが、「事務SOL」はその使命を果たしているソフトウェアだけに非常に共感している。


ページトップへ戻る

事務SOL