1. TOP
  2. 利益の増やし方
ソフト開発業界の利益の増やし方

「売上増大に頼らずに、利益を増やす。」
生産性向上による利益も笑顔も増やすやり方。

こんなご要望はありませんか?

営業しなくても利益を増やしたい。

売上を増やさなくても利益を増やしたい。

仕事量を増やさずに利益だけを増やしたい。

営業マン、事務員にも残業をさせないで、笑顔を増やしたい。



売上が増えない、技術者が採用できないソフト業界の現状

技術者の売り手市場でなかなか技術者を採用できない。
マンパワーが足りないから、仕事はあるのに仕事の受注量を増やせない。

採用コストばかりかかり売上、利益に繋がらない。              


求人会社の営業マンは、原稿次第で採用ができると熱く提案してくれますが、
必要以上に広告費を費やしても費用対効果は悪化するばかり。
こんな外部環境が「やりずらい時代」にこそ地固めが必要です。
会社の内部環境の改善が会社の利益を押し上げます。

会社内部を強化して利益体質に変え、外部環境に適応していくことが急務。

ちょっとした工夫で利益は増やせます!

外注を使わず、内製化する。

外注の量を減らす。

社員の残業代を減らす。

間違いや社員間の連携ミスを減らし生産性を上げる。

社員の生産性を上げて本来の仕事に集中する。

外注も減らし、残業も減らし、間違いも減らせるなんて都合のいい話があるのか?



これからの経営スタイル 社内情報の「見える化」

ワークフローの中で、仕事は今どこで止まっているかを社長や社員が共有して、
次の決め手を打つ。
各業務の役割分担を明確にし情報共有することにより、各社員のやるべきことがはっきりする。
余計な口頭での情報伝達が無くなり、伝え忘れや間違えるようなミスが無くなる。
最終的なワークフローである経営情報の早期取出しが可能になる。
外部への情報提供、帳票提出も迅速に対応できる。


社内情報の「見える化」の実現方法

◆社内のシステム化にはいくつかの方法があります。
    1.スクラッチで社内システムを作る
    2.大規模ERPパッケージをカスタマイズして導入する
    3.小規模ERPパッケージをそのまま導入する
    4.業界特化型の専用パッケージを使う
    5.エクセルで我慢する(見える化は、ほぼ不可能)


業界特化型パッケージ

・その業界に合わせてカスタマイズ済みなので、ERPパッケージのようにカスタマイズが不要。
 導入時に、大幅に時間や労力をかけないで済む。
・カスタマイズが必要無いので、低コストで導入が可能。
 ERPパッケージのように「数千万円〜」という費用が掛からない。
・ERPのようなワークフローソフトなので、エクセルのように細切れでデータを作成する必要が
 無い。各機能がシームレスに連携するので、無駄やミスが無い。



ソフト開発業界向けに開発された「事務SOL」というパッケージがあります。

「事務SOL」とは?

事務処理は極力システムに任せて、人間は生産性の高いクリエイティブな仕事に専念できます。

    

  ◆コスト削減例
  ・給与計算     生産性  1100%アップ
  ・交通費転記   生産性  66%アップ
  ・出金表作成   生産性  28800%アップ

  残業時間2時間削減 残業単価2000円 コスト4000円削減
  給与計算外注30人  計算単価1000円 コスト30000円削減

「事務SOL」導入効果

実際の例(ユーザーの声)

  導入後の声

1.請求書を出し忘れた
2.営業マンの勤務表の回収が遅い
3.営業マンが契約単価を知っているが、実際の
  売り上げ利益管理をしていなかった
4.見積書、注文書、請求書に間違いがあった
5.給与や外注費の支払額を間違えて振り込んだ
6.管理上、必要な帳票を作成していなかった
7.税理士さんに請求書や各帳票をアナログで
  渡していたため、契約料の交渉ができない
8.どんぶり勘定で管理していたため、試算表が
  合わない
9.売り上げなどのデータ集計が苦手だ
10.現場に入ることもあるので、事務処理を
   忘れることがある

  1.帳票作成が数倍楽になり、管理も楽になり事務員さんも笑顔
  2.営業マンが自主的に勤務表を回収するようになり、事務員さん
    とのコミュニケーションが良くなった
  3.売り上げデータを営業マンが簡単に見えるようになり数字への
    意識が高まった
  4.売上利益のデータが簡単に見れるので、経営者の意思決定が
    早くなり、本来の仕事への時間が増えた
  5.経営者・営業マン・事務員が同じデータを見れるので、
    間違えが減り、間違えに気付くのも早くなった
  6.給与計算を自社でやり、売上や外注費をデータ化して士業さん
    に送れるので、契約金の見直しを迫れるようになった
  7.給与や外注費の支払日も忘れないようになり、対外的にも
    信用を落とさないでいられる
  8.なにしろみんなの意識共有が緊張感とモチベーション管理に
    プラスに働いて、社内の空気が改善された

安心の無料体験版をご用意

  ・社内情報の「見える化」・「システム化」は理解できたけど、実際の使い勝手が心配だ。
  ・導入効果はわかったが、先ずは効果を実感してみたい。
  ・帳票なども確認したい。
  ・給与計算も使ってみたい。



ページトップへ戻る

事務SOL